ローンの審査について解説!審査に通る方法

審査で見られるという信用情報とは

ローンを申し込む際に、銀行や金融機関が行う審査。
その審査で見られているのが、申込者の「信用情報」です。審査が通るか通らないかを左右する重要な情報である信用情報。

ここでは、信用情報に記載されている内容や、信用情報を取り扱っている会社についてご説明していきます。

「信用情報」とは?

まる

クレジットカードの申し込みや利用状況、ローンの契約内容や支払い状況から、スマホの分割払いの契約内容といったものまで、クレジットに関する「契約内容」と「取引状況」を示したものが「信用情報」です。

その人にどれくらいの信用があるかどうか、を表したもので、銀行や金融会社は、ローンの申し込みがあった際に、この信用情報を照らし合わせた上で返済能力を判断しているということになります。
またこれは勝手に金融機関が行っているわけではありません。

契約書や申込書などできちんと申込者から同意をとっているものですので、契約や申し込みの際には一度確認してみてください。

信用情報を取り扱っている会社は「CIC」

とても大切な信用情報。一体どこで管理されているのかご存知ですか?

管理している会社は日本に1社しかありません。それが、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関としてきちんと指定を受けた唯一の指定信用情報機関、CICです。CIC独自に集めた情報もありますし、ローン申し込み時などクレジット会社から提供された情報もあります。

また、各情報は一定期間をすぎると削除されることになっています。

サイト案内
ローンを申し込むと必ずある審査のことについて解説しています。信用情報とは?注意点、落ちるわけ、申し込み時の提出書類などについてのサイトです。